トキ消費って何? みんなで楽しめる仕掛けを入れよう!

突然ですが、皆様のお店は、何を売っているのでしょうか?

「飲食店だから食べ物売ってるにきまってるじゃない」

という声も聞こえてきそうです。

本当にそうでしょうか?

私は、食べ物を売っていなくても長く続いているお店を何店も知っています。

現代では、消費に対するトレンドが「モノ」から「コト」へ、「コト」から「トキ」へと移り変わっています。この「トキ消費」とは、消費者同士が同じ時間を共有することに対し「消費」つまり、「お金を使う」という考え方です。

 

サッカーワールドカップ

例えば、毎度毎度、サッカーのワールドカップはなぜあんなに盛り上がりを見せているか?

それは、みんなで同じ楽しい時間を共有できるからです!! つまり、モノが溢れ、体験やサービスが溢れた時代に求められるのは「楽しい時間の共有」です。

もちろん、モノの価値がないわけではありません。しかし、代替品(代わりのモノやサービス)はいくらでもあります。特に飲食店では、特許などを取ることも難しく、すぐに模倣されてしますでしょう。

 

ジャズバー

では、どうしたら、「モノ」ではなく、「コト」や「トキ」を売ることができるでしょうか? 例えば、定期的にジャズを聴くのが好きな人たちを集めコンサートで生演奏をして、人気のジャズバーがあります。また、本屋とカフェを融合させ、本を選びながら、本のことを語り合うなんてことができる「ブックカフェ」なんてジャンルもあります。

楽しむ対象は何だっていいんです。「変わった料理の盛り付け」でみんなで騒げるお店、「フレンドリーな店員さん」としゃべりながらお酒が飲める居酒屋、アイデアはお店の特徴を表したものが良いですね。

こうした、「楽しめる仕掛け」を作ることで、一流コックのような腕がなくても十分お客様を満足させることができます。結局は、お客様の満足が再来店に繋がったり、口コミに繋がったりしますので、いかに満足できる価値を提供できるかが大切です。

他に模倣されない価値を作るためには、あなたやあなたのお店の良いところを突き詰め、お客様を楽しませる方向へ活かし、それをスタッフ全員の共通認識にしていくことです。従業員もお客様も楽しい時間を共有できるお店になれば、そこはあなたのお店にしか提供できない特別な価値になっていきます!

笑顔溢れるところに人は集まります。

まさに、「笑う門には繁盛店」ですね!!

 

「楽しめる仕掛け」づくりのミーティングや会議のファシリテーター(会議促進者)は、ぜひ僕にご依頼ください。(担当:恒川)

ファシリテーターのお問い合わせは、こちら

⇒ お問い合わせ

⇒ お電話:052-717-8516