週替わりメニューが思いつかない!

飲食店経営者の皆様、日頃、日替わりランチ、週替わりのおすすめメニューなどで困っていませんか?

私もイタリアンレストランを経営していたころは、日替わりメニューだとか週替わりパスタだとか…最初は良いのですが、日に日に考えるのが大変になってきますよね!

ひとつ新メニュー開発においての簡単なポイントをお話ししますね^^

この世の中にでている新しい商品や新しい事業と言われるものの大半は、「組み合わせ」でできています。

例えば、コンビニのコピー機を例に挙げれば、コンビニエンス×コピー(及び印刷など)というサービスの組み合わせです。

料理においても、よく見かけるのは「中華×イタリアン」や「和洋折衷」なんてフレーズをよく見かけますね。ここで、さらに視野を広げてみましょう。

「食べるもの」×「飲むもの」で、生み出されたのが「飲むヨーグルト」といった商品があります。これも、やはり現在の食べ方に違う方法を掛け算しているのが分かるかと思います^^

飲食店でお見掛けする組み合わせは、おおよそ「調理法」×「食材」×「盛り付け方」といった組み合わせで作られたメニューがほとんどです。一味違ったメニューを開発したい場合は、ここに、「食べ方」や「食べる道具」「演出」「食べるタイミング」なども想定してみてはいかがでしょうか?

今回の表題とは関係ありませんが、当社では売れるメニューブックのご提案なども行っています。

メニューブックを変えるだけでも、利益の高い商品の販売促進や、購買点数UPによる客単価UPや、メニューの提案の仕方で客数UPにも繋がります。

「メニューブックは、お客様へのラブレター!」というメニューブック改善セミナーも行っていきます。

また、どこかで開催いたしますので、お楽しみに!!

もし、商品(サービス)でお困りの方は、こちらまで→商品の改善・新商品開発のご相談