5)リンクする学習法

「読み書きはできるけれど話せない」という言葉を耳にすることがありますが、あまり気にする必要はありません。「読む」「聞く」というインプットを継続すると、必ず水に没されたスポンジから水が溢れ出すように、自然と出てくる時がくるからです。

それには、海外に行く必要などありません。現代は、インターネットや書店、レンタルピデオショップなど、教材になり得るものがごろごろしています。おすすめは、自分がちょっとだけ難しいなと思う内容を選ぶことです。難しすぎると継続できませんし、易しすぎる内容を繰り返しても力になりません。

そして、一番大切なことはリンクさせる学習法です。これは、「じっくり暗記」と「聞き流し」の並行学習をする方法です。例えば、好きな映画のセリフを英語の字幕をつけて見ながら、暗記する位に繰り返します。当然、単語が分からなかったりしますから、調べたりしますし、少し努力が必要です。

これと並行して、とにかく量を多く聞き流すことを続けます。この時は、何も気にせず耳を傾けます。

これを継続すると、「あ、この単語この前出てきた!」というリンクがおきます。この体験が、脳に一番強い刺激を残してくれます。

音読も有効な方法です。何かを読む場合、声に出して下さい。脳の前頭葉というところが熱くなり、静かに読むより、効果があります。ネットで好きな俳優の記事を追っている内に、「あ、この単語、この前暗記したインタビューの記事で出てきたセリフだ!」というような体験が出来れば、それがリンク学習です。

英会話の個別指導やビジネス英会話(企業向け)のご依頼はこちらまで!

電話番号:052-717-8516

Eメール:お問い合わせ

(件名に「英会話個別指導・ビジネス英会話(企業向け)について」とご記入ください^^)